オイリー毛穴を知る

皮脂が過剰に分泌される肌で、
毛穴が目立つ状態のことをいいます。

皮脂をたっぷり出すために、毛穴が開き、目立つようになるのです。

悲しむことはありません。こんな素敵なメリットも
洗顔をしてスッキリした思っても、すぐに皮脂が浮き、
不快なベタつきが発生するオイリー肌ですが、
デメリットばかりではありません。

いつも潤いで満たされて、肌を守る皮脂バリアが、人並み以上にしっかりしているので、
シワやほうれい線のできる時期が、人より遅くなります。

若々しく美しい肌を長く維持できるのは、オイリー肌の最大のメリットです。

思春期(10代)の頃から、オイリー肌だったり、
両親がオイリー肌だと、生まれ持った真性のオイリー肌ですから、
遺伝体質を変えることはできないので、手の施しようがありません。

ですが、20代から30代で、オイリー肌になってしまったのでしたら、
今までの間違ったスキンケアが原因なので、お手入れの方法を見直せば、十分に改善できます。

20代や30代を迎えて、オイリー肌になってしまった人は、読み進めてください。

オイリー毛穴には、やってはいけないスキンケア

洗顔で皮脂をすべて落とす
洗顔料の皮脂分解力は、想像以上に強力です。
洗顔後に、肌がキュキュっとなるまで、
皮脂を落としすぎるのは厳禁です。

皮脂が少ないと皮膚が「潤いが足りない」と判断し、
さらに皮脂の分泌が活発になります。

この繰り返しが、オイリー毛穴を作っているのです。

ひんぱんに皮脂を取る
昼間に、皮脂が気になるからといって、あぶらとり紙などで、 ひんぱんに皮脂を取っていませんか? 鏡に映った顔に、皮脂のテカりが気になるようなら良いですが、 神経質に皮脂を取りすぎると、ダブル洗顔同様、皮脂の過剰な分泌を招きます。

オイリー毛穴を改善する

逆の発想が必要
皮脂の過剰な分泌を抑えるには、潤いが足りていると肌に思わせることが大切です。
ですから、意外に思われるかもしれませんが、保湿に力を入れます。

外から保湿
CMでも、肌を指で押して、潤いリングができる映像もありますが、
化粧水を構成している成分は、そのほとんどが水分です。

つけた瞬間は、肌の水分量が一時的に増えて、キメが細かく見えても、
あっという間に蒸発してしまい、肌の内側までは、潤いは浸透しません。
保湿には化粧水ではなく、美容成分が凝縮された、
美容液や乳液でフタをして、水分の蒸発を防ぐようにします。

外からの保湿は、人間の皮脂と同じセラミドを配合した保湿剤がおすすめです。

内から保湿
体内から潤いで満たすには、しっかりと水分を補給します。
利尿作用のあるカテキン入りのコーヒーやお茶、アルコールは避け、
尿とともに失われやすいミネラルを補える、ミネラルウォーターがおすすめです。

大事なのは、肌の内側が、潤いで満たされているのか?
ということです。

内側からは体内の水分で潤いを満たし、外からは蒸発を防ぐ。
保湿には、この2つが重要なのです。
化粧品選びのポイント
保湿の重要性は、理解して頂けたでしょうか?
オイリー毛穴に最適な、化粧品の選び方です。

潤いを閉じ込める、セラミドを配合
外からフタをする、美容成分が凝縮された美容液

この2つの条件をクリアした中で、
おすすめできる化粧品があります。。
オイリー毛穴には、こんな素敵なメリットも!改善できる人と、できない人の見分け方とは?やってはいけないケア、さらには、とっておきの改善スペシャルケアをご紹介します。